[みずほ銀行カードローン]専業主婦OK!内緒で30万借りる為の審査・申込

mizuho_bank48

申し込みに必要な書類は?

基本的には2種類に書類が必要となる

みずほ銀行カードローンに申し込む時には、申し込みをしたのが本人であることを確認できる書類のコピーと、200万円を超える金額を借りる場合には年収が分かる書類のコピーが必要となります。

パソコンやモバイル機器で申し込むのであれば、書類が要らないと思う人もいるようですが、申し込み方法に関係なく基本的には2種類の書類が必要となります。書類が揃っていないと、申し込みをするこことができませんので、必要となる書類の内容を理解しておくようにしましょう。

本人であることを証明する書類

本人であることを証明する書類とは、運転免許証・健康保険証・パスポート・住民票・印鑑証明書などです。運転免許証の内容に変更事項がある場合は表と裏のコピーが必要となり、住民票や印鑑証明書などは発行してから3ヶ月以内のものでなくてはいけません。

このような書類が必要となる理由は、偽名を使ってカードローンを使って返済しなかったり、本人に知らせず勝手にカードローンを申し込んでお金を借りるなどの行為を防ぐためです。

運転免許証や健康保険証などの手元にある書類をコピーするのは簡単ですが、住民票や印鑑証明書などを役所に申請して入手するのには、手間と時間が掛かります。

できるだけ速くカードローンを利用したい人は、すぐに書類を入手してコピーをしておくようにしましょう。

収入を証明する書類

200万円を超える金額を借りたい場合には、源泉徴収票・住民税決定通知書・課税証明書・納税証明書などの申込者の収入を証明する書類のコピーもとらなくてはなりませんが、個人事業主と会社経営者が申し込む時には源泉徴収票以外のコピーをとる必要があります。

収入証明書が必要とされる理由は、申し込みをした人の経済状態を確認するためです。

古い証明書では役に立ちませんので、最新の証明書のコピーが必要です。収入を証明する書類の保管場所が良く分からない人も多いでしょうから、カードローンの申し込みをしようと思ったら、早目に探し出してコピーをしておくようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Page Top